業界トップを目指せる!スタッフを福祉のプロに育てられれば、ご利用者様、ご家族の笑顔を見続けられます

資料請求・申し込み・お問い合わせ お見積もりは無料です お気軽にお問い合わせください 営業時間10:00~19:00(平日のみ)メールは24時間受付

小さな変化で職場環境は大きく変えられる 人材育成コンサルティング

Blessingが見る福祉施設業界の課題

お互いの利益につながる“WIN-WIN-WIN”の仕組みとは?

社会福祉事業の分野における安定した人材の確保や育成は、多くの事業所が共通して直面する課題です。
優れた人材の育成や定着は、施設の安定的な運営の面においても職員にとっての働きやすさや働きがいの面でも、また、サービスを受ける利用者の満足度の面でも、極めて重要であると考えられます。
社会福祉事業の分野における人材育成を取り巻く様々な課題は、職員の働きがいの低下や人材の流出を引き起こして悪循環に陥り、サービスの質の低下、利用者満足の低下へとつながっていきます。
こうした課題を解決するためには、人材育成を組織運営の視点でとらえること、すなわち組織的な人材育成が必要です。

WIN-WIN-WINが成り立つ関係性の概念図

人材育成を取り巻く課題

問題点   人材育成における一般的な課題   福祉分野に特徴的な課題
人材育成方針の不明確さ 矢印
  • 目指すべき人材類型が不明確である
  • 多様なバックグラウンドを持つ職員に対応する目指すべきゴールまでの道のりと人材育成システムを構築できていない
  • 管理職が各職員の能力を正確に把握していない
  • 研修の教育効果を評価していないため、投資効果が見えにくい
矢印
  • 定着率が低く恒常的な人材不足
  • 専門職としての目指すべきゴールまでの道のりが浸透していない
人材育成機会の減少
  • 業務多忙のため、人材育成は後回し
  • 人材不足や過度なリスク回避の風潮から若手の新たな業務への挑戦機会が減少
  • 経験を積んだ職員の流出
  • 体系的かつ十分な教育を受けないまま現場業務に当たる
職員のモチベーション低下
  • 将来目指すべき人材イメージや目指すべきゴールまでの道のりが明確でないため、自分がどのように成長していけば良いか分からない(能力向上を目指す動機がない)
  • 直接的サービスに対する指向が強い傾向
人材育成ノウハウの欠如
  • 人材の流動性が高まり、組織内のノウハウが蓄積・共有化されない
  • 流動性が高く非常勤職員の比率が高いため共有されにくい

『気持ちよく働いてほしい』『気持ちよく働きたい』経営者も社員も、想いは同じです。

人材の育成、定着は、施設の安定的な運営、サービスの質向上と密接なつながりを持っています。
質の高いサービス提供においては、優れた人材の確保、定着は必須であり、そのためには、効果的な人材育成及び教育は極めて重要です。
人材育成及び教育は、施設の健全な運営及びサービスの質の向上のための取組みの一環と位置づけて組織マネジメントの観点から取り組むべき課題であると考えています。

人材育成上の課題と宿泊施設を取り巻く環境

人材育成方針の不明確さがもたらす負のスパイラル

サービスの質の低下/お客様の満足度低下/企業にとっての不利益

職場の悪循環を断ち切るためには組織的な人材育成が必要です

負のスパイラル概念図 従業員の不安概念図

目的に応じた研修の設計をします

少人数、短時間から承ります。お客さまのご希望に合わせた研修プランをご提案いたします。

Blessingは、組織として必要な人材育成の体系を確立した上で、中長期的な視野に基づき
個々の職員の特性、スキル、経験に応じた育成プログラムを作成するとともに、
職員の業務経験を通じた効果的、効率的な育成を提案します。
「新人研修や中堅職員研修、管理職研修などの職階別研修」と「職場全体を対象とした課題別研修」に分け
実施すべき内容を個別に検討した上で、プログラム作成を行ないます。

お見積もり0円/資料請求・申し込み・お問い合わせ/営業時間10:00〜19:00(平日) メールは24時間受付

まずはお気軽にご相談ください。ご相談・お見積もりは無料です。

Blessing

困ったり悩んだら、いつでも相談できるのがBlessingです

研修はもちろんのこと、研修後も受講者をフォローアップし、必要に応じて現場の声を上司に報告し続けます。
中長期的に従業員をサポートすることは企業が従業員を守ることに繋がります。研修の導入は大切な第一歩です。

<研修の一例>

種類     研修内容
職階別研修 新人研修 矢印 組織の目指す方向性と自分の目指す方向付けをすることで、サービス業者としての心構えを学ぶ。
中堅職員研修 矢印 中堅社員としての自覚を促し、業務上の課題解決やルーチン業務の改善に要する専門知識・技術を身につける。
部下への指導方法を身につける。
管理職研修 矢印 管理職としての基本的な心構えやリーダーシップ、組織経営に関する基礎知識、実践的なマネジメント手法などを身につける。
課題別研修 サービスマナー研修 矢印 応対スキル上達のための考え方を理解できる。
サービス業者としての基本的な姿勢、顧客満足についての意識が向上し、応対に必要なスキルを身につける。
コミュニケーション研修 矢印 従業員満足と顧客満足に繋げるコミュニケーション技法を習得する。
利用者ニーズを把握し、サービス向上に繋げるコミュニケーション手法を身につける。
クレーム応対研修 矢印 利用者様、そのご家族の要望を「ただのクレーム」で終わらせず顧客サービスの戦略を打つことができる手法を身につける。
顧客の心理状態を知ることで、クレーム応対時間の短縮を実現する手法を身につける。
OJTトレーナー育成研修 矢印 OJT指導者の正しい考え方や知識を身につけることができ効果的な新人育成能力が養う。
新人の一人立ちする時間が短縮し、教育担当者の負担軽減と自信をもたらせる。
営業スキルアップ研修 矢印 他の施設との差別化を図り、効果的な営業手法を身につける。
属人的な営業から仕組みによる営業手法を身につけ、チームワークの取り方を身につける。

講師紹介

講師
加藤 雅MIYA KATO
資格・経歴 日本福祉大学 卒業
障害者スポーツ指導員
コメント 介護を必要とする方、障がいを持つ子どもたちが生活的にも職業的にも自立し、地域で安心して暮らせる環境を整えるため、教員指導やご家族への具体的な支援方法を提供しています。「焦らず・比べず・諦めず」をモットーに活動しています。

【提供内容】

  • 福祉施設業界に従事する教員の指導、スタッフ育成
  • 障害児のコミュニケーションについて
  • 保護者/支援者へのPECS紹介
    (絵カード代替コミュニケーションシステム)
  • 企業の障害者雇用に関する健常者向けの障がい者支援方法